眩暈(めまい) | 大阪府堺市中区の【鍼灸 曽我正安堂】は生理痛やめまいに対して1本の鍼に魂をこめて施術いたします。

症状別による施術 - 眩暈

眩暈(めまい)とは

中医学の眩暈(めまい)は、「目眩」と「頭眩」の2つに分けられます。
「目眩」は目がくらむ、目がチカチカする、目がよく見えないなど目の症状を中心とします。
「頭眩」は頭部を中心とした症状で頭がふらふらして不安定な感じを言います。
症状が重くなると周りのものがグルグル回転し、小舟に乗ったように揺れ、立ち上がることさえできなくなります。

中医学の眩暈に含まれる症状の範囲は広いです。
メニエール、高血圧症、脳血管障害、貧血、自律神経失調症、眼科疾患などにみられる眩暈は、すべて中医学の眩暈の弁証論治を適用することができます。

めまいの弁証分類

(1)痰濁中阻
油っこいもの、甘いものの過食、飲酒など飲食不節によって、脾(消化吸収機能)の機能がが低下し、痰が生まれます。痰はお腹に停滞すると、清陽不昇といって頭に気血(栄養)が送れなくなり眩暈が出現します。

特徴:回転性のめまい、頭が重い、雨天や高湿度でめまいが悪化。痰が多い、腹が張って苦しい、嘔吐、胸が気持ち悪い、食欲不振、体が重だるい、体重の変動が大きいなど。

(2)半表半裏(少陽証)
感情の不調和や偏った姿勢で過ごすなど少陽経の左右差(左右のアンバランス)が原因で起こります。

特徴:回転性のめまい、症状(頭痛、耳鳴り、肩こりなど)が左右どちらかに偏りやすい、口が苦いなど。

(3)肝火上炎
ストレスや多忙など緊張状態から体に熱が籠り、その熱によって気が上に突き上げて起きます。

特徴:イライラしやすく怒りでめまいが悪化する。頭痛や顔面紅潮、目の充血、口が苦い、喉がよく乾き水分が欲しい、胸がそわそわし寝つきが悪いなど。

(4)瘀血阻絡
頭部外傷や脳血管障害などにより、体内に瘀血が存在すると血液の流れが阻害され、頭に気血が巡らず眩暈が出現します。

特徴:頭痛を伴う。物忘れ、不眠、動悸。精神的にスッキリしない。顔色が黒ずんでいる。女性の場合、月経痛が酷い、血塊があるなど。

(5)肝陽化風
陰虚(体液不足で体を冷ますことができず熱っぽくなる状態)のため、結果的に頭に熱が籠りめまいが起こります。

特徴:ふらつき・めまい・張るような痛みが生じ、疲れたり怒ると症状が悪化。イライラ、怒りっぽい、眠りが浅い、よく夢を見るなど。

(6)脾気虚
過労による元気の消耗や脾胃虚弱(胃腸の弱り)の体質のために、お腹の気血が不足し頭を栄養できず起こります。

特徴:横になりたくなり、起き上がるとめまいが悪化。肉体的負荷によって悪化。全身倦怠感、食欲不振、食べても体重が増えにくいなど。

(7)心脾両虚
過度の心労や思考などで気血を消耗し、頭に十分な気血を送ることができず起こります。

特徴:心身疲労で悪化する、精神的な疲労が大きくやる気が出ない、不安感が強い、動悸、全身倦怠感、食欲不振など。

(8)腎精不足
先天不足(生まれつき成長が遅い体質)、老化により精力が衰えてくること、早漏・遺精・夢精などの性的疾患、性生活の不節制、慢性疾患による消耗で腎精を消耗して起こります。

特徴:ふらつき、めまい感が慢性的にあり、疲労感、、物忘れ、耳鳴り、目がかすむ、腰や膝が重だるく無力、遺精、インポテンツなど。

脈、舌、顔色、お腹など、全身のチェックを行い、どのタイプなのか明確に絞っていきます。複数重なっている場合もありますが、優先順位を明確にし、1ヵ所に鍼をすることによって、着実に治療を進めることができます。タイプが分かれば、養生法や食事などお伝え致します。

072-248-5333

曽我正安堂のこだわり

鍼灸 曽我正安堂の口コミ・感想をもっと見る
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
メールのお問い合わせはこちら

お問い合わせ072-248-5333営業時間午前:9:00~12:00 午後:16:00~20:00 土曜:9:00~12:00 16:00~20:00定休日木曜・日曜、火曜午後、水曜午前

ご案内

鍼灸 曽我正安堂
〒599-8254
大阪府堺市中区伏尾42-1
メゾンボヌール101

堺市中区の鍼灸 曽我正安堂では、生理痛や眩暈(めまい)などの婦人科疾患をはじめ腰痛、肩こりなど生活していく上でお困りの痛みにアプローチしていき、最終的に「健康」を実感して頂ければと思っています。身体に違和感がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 鍼灸 曽我正安堂

ページの先頭へ