お知らせ:食べすぎると毒! | 堺市中区の【鍼灸 曽我正安堂】は腰痛や肩こりを1本の鍼に魂をこめて施術いたします。

お知らせ

食べすぎると毒!

2017/03/22

はっきり言って、日本人は食べすぎです!

 

ではなぜ食べ過ぎてしまうのか・・・

ホッとしたいから、または満足感が足りないからです(._.)

 

本来、お腹が空いているときは、ほかのことは考えられず、食べることに没頭するもんなんです!

 

でも、食事中に、携帯を見たくなったり、他のことを考えたりするのは、身体は欲しがっていません(._.)

 

また、日本の文化では、

 

残さず最後まで食べましょう。

食べないと風邪が治らない。

朝昼晩きっちり3食食べる。

など食事をきっちり摂る習慣があります。

 

昔は肉体労働が主流であり、身体を動かしているため、食べても大丈夫でした。

今は食品そのものの栄養価が高くなり、子供でも成長が早く、初潮・精通を迎える時期が早くなっていますね!

 

現在は、デスクワークなど屋内で働く人が増えており、身体より頭を使う人が多いですね。

 

すると、脳を休ませたいから、食べちゃうんです。

考え事をさせたくないから、他のことに目を向けさせようとする、いわば防衛反応です(^^)/

 

そんな食べ方をしていると、身体には消化不良の塊が溜まります。

東洋医学でいう「湿痰」という病理産物になるんです('ω')ノ

 

すると、どうなるか。

朝起きにくくなったり、お通じが出にくくなったり、おしっこに泡が立ったりします

 

こんな感じで、体の外に出ればいいけど、便秘したりして、出口がなくなると・・・

そうです。

ポリープやガングリオン、また癌ができやすい体質を形成します。

外に出ないから、体内にできものができるんです。

 

症状には必ず原因があります。

むしろこういった原理、もっと皆さんに知ってほしいですね。

理由がわかれば怖いものなんてない。知らないから怖いんです!

 

しっかり運動して、腹八分目にする。

悩むことやストレスはたくさんあるけど、せめて歩きながら考える。ストレッチしながら考える。

頭だけ使ってたらダメってこと。

 

本当はこうなりたいんだよーってことを鍼してるとわかってくる。

そして食べ過ぎてる自分に、過去や未来にとらわれて「今」にいなかった自分に気づく。

自分を苦しめているのは自分だって気づく。

 

心に響く鍼、そんな鍼でありたい。

今日もいい鍼できました(*^-^*)

 

 

 

<< 一覧に戻る

0722-48-5333

曽我正安堂のこだわり

鍼灸 曽我正安堂の口コミ・感想をもっと見る

お問い合わせ0722-48-5333営業時間午前:9:00~12:00 午後:16:00~20:00 土曜:9:00~12:00 16:00~20:00定休日木曜・日曜、火曜午後、水曜午前

ご案内

鍼灸 曽我正安堂
〒599-8254
大阪府堺市中区伏尾42-1
メゾンボヌール101

堺市中区の鍼灸 曽我正安堂では、腰痛や肩こりなど、生活していく上でお困りの痛みにアプローチしていき、最終的に「健康」を実感して頂ければと思っています。身体に違和感がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 鍼灸 曽我正安堂

ページの先頭へ