お知らせ:不安感は「こころ」血虚 | 堺市中区の【鍼灸 曽我正安堂】は腰痛や肩こりを1本の鍼に魂をこめて施術いたします。

お知らせ

不安感は「こころ」血虚

2017/05/06

前回、血虚症状について書きました。

その続きで、心にも血虚があるんだよーってことを知っていただきたいです。

簡単に言うと体の血が不足すると、

目やお肌の乾燥感、こむら返りや月経量の減少が出現します。

 

これは、目に見える範囲で分かりやすいですが、心の血の不足はMRIやレントゲンにも映らず、原因が分からないとされています。

心血虚になると、不安感が表れやすくなります。

また、不安感がある人は、多夢で睡眠が浅い・熟睡感がないケースが多いです

 

(専門的な話をすると、夢の内容によって弁証を分けることも可能です。

怖い夢を見る場合は心血虚、焦る夢を見る場合は肝血虚、ともいえますね。)

 

そして、心血虚になる人は、「比較の思考」に陥りやすい

これは、今まで多くの自律神経失調症など不安感のある人を診てきたが、過去や未来にとらわれて、今生きていることに満足感を得られていないように思いますね!

本気で不安感を治したいなら、鍼をして体を整えながら、睡眠を改善し、

「比較の思考」から抜け出さないといけないですね。

 

ただ、そもそも不安感ってダメなことなのか?ってとこも大事ですね!

次回はこの不安感をもっと掘り下げて説明しますね(^^)/

 

<< 一覧に戻る

0722-48-5333

曽我正安堂のこだわり

鍼灸 曽我正安堂の口コミ・感想をもっと見る

お問い合わせ0722-48-5333営業時間午前:9:00~12:00 午後:16:00~20:00 土曜:9:00~12:00 16:00~20:00定休日木曜・日曜、火曜午後、水曜午前

ご案内

鍼灸 曽我正安堂
〒599-8254
大阪府堺市中区伏尾42-1
メゾンボヌール101

堺市中区の鍼灸 曽我正安堂では、腰痛や肩こりなど、生活していく上でお困りの痛みにアプローチしていき、最終的に「健康」を実感して頂ければと思っています。身体に違和感がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 鍼灸 曽我正安堂

ページの先頭へ