お知らせ:不安感をもっと知ること | 大阪府堺市中区の【鍼灸 曽我正安堂】は生理痛やめまいに対して1本の鍼に魂をこめて施術いたします。

お知らせ

不安感をもっと知ること

2017/05/10

前回、不安感は「こころ血虚」であり、

また、比較の思考が血虚になるとお話ししました。

 

実は不安感は誰にでもあるんです。

ただ、生理的不安感と、病的不安感がありますね!

生理的不安感は、
自分を危害から守るための防衛反応です。

知らない人と会うときや、初めてことをするときなどに出現します。

なので、

「これから面接に行くのが不安なんです」って話していた方もいましたが、不安で当たり前。

どんな社員がいて、どんな企業かわからないのに安心できないのは普通です。

 

病的不安感は、何も起こっていないのに不安になることです。

例えば、

「彼氏が浮気しているんじゃないか」って不安になる人はいます。

でも実際彼氏は浮気はしていませんし、気になる言動もありません。

これはまだ起こっていない未来に対しての不安感です。

 

また、「過去に浮気されたことがあるから」とか、「親友が浮気されてショックだった」

など過去にトラウマがある方が多いですね。

 

生理的不安感と病的不安感の大きな違いは、「今を意識できているかどうか」です。

病的不安感は、過去未来に依存していることが原因です。

過去未来と今を比較しているんです。

この比較は膨大なエネルギーを消耗してしまうので、どんどん血を消耗し、「こころ血虚」に繋がっていくわけなんです。

 

まずは気付くことから始めましょう(^^)/

 

 

<< 一覧に戻る

0722-48-5333

曽我正安堂のこだわり

鍼灸 曽我正安堂の口コミ・感想をもっと見る

お問い合わせ0722-48-5333営業時間午前:9:00~12:00 午後:16:00~20:00 土曜:9:00~12:00 16:00~20:00定休日木曜・日曜、火曜午後、水曜午前

ご案内

鍼灸 曽我正安堂
〒599-8254
大阪府堺市中区伏尾42-1
メゾンボヌール101

堺市中区の鍼灸 曽我正安堂では、生理痛や眩暈(めまい)などの婦人科疾患をはじめ腰痛、肩こりなど生活していく上でお困りの痛みにアプローチしていき、最終的に「健康」を実感して頂ければと思っています。身体に違和感がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 鍼灸 曽我正安堂

ページの先頭へ