お知らせ:脊柱管狭窄症 | 大阪府堺市中区の【鍼灸 曽我正安堂】は生理痛やめまいに対して1本の鍼に魂をこめて施術いたします。

お知らせ

脊柱管狭窄症

2017/09/01

先日、脊柱管狭窄症にて臀部痛を訴える患者さん(76歳)が来院されました。

脊柱管狭窄症では間欠性跛行といって、少し歩くと痛みが出現し、座って休憩すると楽になるというのが特徴です。

東洋医学的には、脊柱管狭窄症と痛みは別物であると考えます。

なので、いくら骨が変形してようが、痛みはとれる可能性が十分あるということです。

 

この方の場合、腎虚、肝鬱気滞血瘀、骨折による患部の瘀血と、証を立て治療しました。

足に1本の鍼をするだけで、シャキッと背中が伸び、痛みがほとんどとれていました。

その後も、歩くと痛みは出るが、以前より歩ける距離が増え、やる気が出てきた!と言ってくださったのは嬉しかったですね(^^)/

身体が疲れていると、気持ちも沈み、やる気が出ないものです。

 

本当によかった。

鍼1本により、その人のよりよい人生を過ごせるお手伝いができる。

こんなに幸せなことはないです。

 

<< 一覧に戻る

072-248-5333

曽我正安堂のこだわり

鍼灸 曽我正安堂の口コミ・感想をもっと見る
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
メールのお問い合わせはこちら

お問い合わせ072-248-5333営業時間午前:9:00~12:00 午後:16:00~20:00 土曜:9:00~12:00 16:00~20:00定休日木曜・日曜、火曜午後、水曜午前

ご案内

鍼灸 曽我正安堂
〒599-8254
大阪府堺市中区伏尾42-1
メゾンボヌール101

堺市中区の鍼灸 曽我正安堂では、生理痛や眩暈(めまい)などの婦人科疾患をはじめ腰痛、肩こりなど生活していく上でお困りの痛みにアプローチしていき、最終的に「健康」を実感して頂ければと思っています。身体に違和感がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 鍼灸 曽我正安堂

ページの先頭へ