お知らせ:パニック障害 | 大阪府堺市中区の【鍼灸 曽我正安堂】は生理痛やめまいに対して1本の鍼に魂をこめて施術いたします。

お知らせ

パニック障害

2017/11/11

「あの人にどう思われているか気になる」ってこと、誰にでもありますよね。

ただ、気になりすぎるとしんどいです。

びくびくしたり、そわそわしたり。

プレッシャーや緊張で、うまくいかないこともあると思います。

そこから無理を続けて、パニック障害になる人が多いように思います。

人の目を気にせず、ありのままの自分で生きたいものです。

 

以前、コラムでも書きましたが、不安感は心血虚の人が多いです。

その心血虚に至るまでの過程が、ひとりひとり違っていて、どこから治すべきなのか見定めてから治療になります。

 

なぜ、人の目が気になるのか。

人から認められたいという、承認欲が大きいように感じます。

裏を返せば、自分自身の価値にこだわっている。

それゆえに、どう見られているのか、気になるという感じでしょうか。

 

そこから「こう見られているのではないか」と妄想が始まります。

自分の価値にこだわる妄想。

妄想が過度になると「思い込み」になる。

本人からしたらこの妄想は、本物に見えてしまうのが厄介です。

 

幼いころ、責められたりがっかりされたりして「自分自身の価値がないんだ」って劣等感を抱いている人が、本当に多い。

大人になっても、あらゆる場面で、フラッシュバックを起こし、苦しんでいる。

他人の目が気になる人は、この妄想をやめることが最優先課題です。

「妄想は妄想に過ぎないんだから、いちいち反応するなよ」って脳に言い聞かせることが大事ですね。

 

ただ、それが簡単にできたらもう治ってます。

だから、鍼をしたらいい。

きちんとした診断で、体の反応を追って、根気よく治せばよくなるケースが多い。

鍼をすることは、自分の体と心と自然と向き合うことに繋がります。

治る、とはありのままの自分を受け止め、自然体に戻る、ということでもあると思います。

ひとりでも多くの方が機嫌よく過ごせますように。

 

<< 一覧に戻る

0722-48-5333

曽我正安堂のこだわり

鍼灸 曽我正安堂の口コミ・感想をもっと見る

お問い合わせ0722-48-5333営業時間午前:9:00~12:00 午後:16:00~20:00 土曜:9:00~12:00 16:00~20:00定休日木曜・日曜、火曜午後、水曜午前

ご案内

鍼灸 曽我正安堂
〒599-8254
大阪府堺市中区伏尾42-1
メゾンボヌール101

堺市中区の鍼灸 曽我正安堂では、生理痛や眩暈(めまい)などの婦人科疾患をはじめ腰痛、肩こりなど生活していく上でお困りの痛みにアプローチしていき、最終的に「健康」を実感して頂ければと思っています。身体に違和感がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 鍼灸 曽我正安堂

ページの先頭へ