お知らせ:東洋医学とは① | 大阪府堺市中区の【鍼灸 曽我正安堂】は生理痛やめまいに対して1本の鍼に魂をこめて施術いたします。

お知らせ

東洋医学とは①

2019/02/02

1月27日、患者さん向けに講義をさせて頂く機会がありました。

他の鍼灸師の先生2人と3部作に分けて行い、私は「東洋医学とは?」というタイトルでお話しました。

 

東洋医学とは、まず「」という考え方があります。

気とは言葉で説明するのは難しいですが、生命活動に必要な根本的なエネルギーと思って頂ければいいです。

 

この大きな気の生命体、それが人間なんですね。

呼吸や心臓の働き、血液の流れ、体温や汗の調節など、すべて『気』によって行われていると考えられています。

 

一つのエネルギーの生命体を、呼吸なら肺、泌尿器は腎など五臓六腑という概念に分けて考えます。また五臓六腑から経絡という通り道を通して、体表のツボに繋がっています。なので腎に異常がある場合は腎に関わりのあるツボに反応が出るんですね。

西洋医学では内臓を気ではなくモノとして扱うので、同じ扱いができません。なので「腎に異常が出ているな」となっても西洋医学の概念の腎臓が悪いわけではない、ということはご理解いただければと思います。ちょっとややこしいですけどね(笑)

 

東洋医学は患者さんの自覚症状やその他の症状を重視して、治療を行います。そのため西洋医学ではあまり着目されていない、「冷え」や、「瘀血(おけつ):古い血が滞る病態」なども身体に影響するものと考えて、症状の改善に努めていきます。

 

西洋医学は、血液検査や尿検査などの科学的検査によって細胞・遺伝子レベルから病因を分析します。
必要に応じてCTやMRIなどの画像検査を行い、病気の原因を見つけて「病名をつける」ところから治療がスタート。身体を臓器ごとに細かく分けて見るため、一つの症状や原因のはっきりしている病気に対して集中的に効かせる特徴があります。

そういった意味では西洋医学では「病名がつけられない病気」や○○症候群のような症状がいろいろあるものでも、丸ごと一つとして考える東洋医学なら総合的に分析し、治療することができる面があります。

 

西洋医学も日々凄まじい発展をしているので今後に期待ですね。

 

続く・・・

 

<< 一覧に戻る

072-248-5333

曽我正安堂のこだわり

鍼灸 曽我正安堂の口コミ・感想をもっと見る
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
メールのお問い合わせはこちら

お問い合わせ072-248-5333営業時間午前:9:00~12:00 午後:16:00~20:00 土曜:9:00~12:00 16:00~20:00定休日木曜・日曜、火曜午後、水曜午前

ご案内

鍼灸 曽我正安堂
〒599-8254
大阪府堺市中区伏尾42-1
メゾンボヌール101

堺市中区の鍼灸 曽我正安堂では、生理痛や眩暈(めまい)などの婦人科疾患をはじめ腰痛、肩こりなど生活していく上でお困りの痛みにアプローチしていき、最終的に「健康」を実感して頂ければと思っています。身体に違和感がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • 鍼灸 曽我正安堂

ページの先頭へ